自分に似合う服ってどうやって見つければいいの?

公開日:2024/03/15 最終更新日:2024/01/23

今回は、自分に似合う服をどのように見つけたらよいのか紹介します。日々、おしゃれを楽しむ方もいれば、年齢と共におしゃれの仕方が分からなくなっている方もいるでしょう。特に、昔着ていた洋服が似合わなくなってくることは、よくあることです。本記事では、自分に似合う洋服の見つけ方について紹介します。

パーソナルカラー診断で似合う色を見つけよう

生まれ持った肌の色や瞳の色は、十人十色でありそれぞれに合う洋服も異なります。また、自分が好きな洋服であっても、なんとなく似合わないこともあるでしょう。このような方は、パーソナルカラー診断で似合う色を見つけることをおすすめします。下記では自分に似合う洋服が見つけられる、パーソナルカラー診断について解説します。

春タイプ(イエローベース)

パーソナルカラー診断は、春夏秋冬の4つに分けられます。まず、春タイプの方はイエローベースに分けられ、黄色味の帯びたツヤ肌の方を指します。髪の毛は明るいブラウン系の色をしている方で、瞳の色は白黒はっきりしており、メイクはナチュラルメイクが似合うでしょう。似合う洋服は、コーラルピンクやオレンジなどはっきりした色味が似合うとされています。

夏タイプ(ブルーベース)

夏タイプはブルーベースに分けられ、赤みを帯びたきめ細かい肌の方で、細かくやわらかな髪質の方を指します。髪の毛の色は、アッシュグレーや墨色の方が多いです。また、瞳の色は虹彩で明るく赤みのあるブラウンでソフトな印象を与えます。メイクもファッションも、穏やかなトーンでまとめるとよいです。

秋タイプ(イエローベース)

秋タイプはイエローベースに分けられ、日焼けしやすく頬や耳が赤みを帯びやすい方を指します。髪の毛は量が多くハリがあり、黒に近いブラウン系が多いです。瞳の色は、白と黒のコントラストがソフトで、メイクやファッションはブラウン系や深みのあるオレンジやゴールドを使ったメイクが似合います。

冬タイプ(ブルーベース)

冬タイプのブルーベースは、色白か色黒で赤面しづらい方を指します。髪の毛は太く硬く、存在感が強い人が多いです。瞳の色は白と黒がはっきりしており、赤リップや目元を強調したメイクが似合います。似合うファッションは、ブラックやグレー、レッドなどのはっきりした色の服です。

骨格診断で体型に合う服のタイプを理解しよう

自分に似合う洋服選びをする場合は、パーソナルカラーも大切になりますが、骨格診断もあるとより似合う洋服がわかります。次に骨格診断で体形に合う洋服の選び方について紹介します。

ストレートタイプ

ストレートタイプは、体にメリハリがあり筋肉が付きやすい体形の方です。メリハリのある体形が特徴で、VネックやUネックといった、胸元のスッキリしたシンプルな洋服が似合います。また、上下ともにフィットするIラインを意識した洋服が似合うのもこのタイプです。

ナチュラルタイプ

ナチュラルタイプの方は、全体にフレーム感がある体形が特徴です。肩幅が広く骨格が目立ちやすいため、上下どちらかにボリュームが出るコーディネートが似合います。例えば、ボートネックタイプの洋服や、骨格カバーのために全体的にゆとりのある洋服を選ぶと良いでしょう。

ウェーブタイプ

筋肉より脂肪がつきやすい体形が特徴的です。骨が細くボディラインが華奢な方で、やわらかな肌質が魅力です。腰の位置が高く見えるハイウェストなスカートやパンツを選ぶと良いでしょう。例えば、ボートネックの洋服や、ハイウェストスキニーが似合います。

第三者目線も大事?迷ったときはレンタルも手

ただ、パーソナルカラーや骨格診断で自分に似合う洋服が分っても、実際にどの洋服が良いか分からない方もいるでしょう。そういった場合は、レンタルで洋服を借りて試してみるのもひとつの手段です。ここでは第三者の目となる、洋服のレンタルについて紹介します。

新しい洋服が借り放題の洋服レンタルも

多くの洋服レンタルがある中で、新しい洋服をレンタルできるショップも存在します。月額定額料金を支払えば、新しい洋服が借りられるため自宅でゆっくり試着できます。似合う洋服を試してみたい方や、今までに着たことがない洋服にチャレンジしてみたい方にぴったりのサービスです。

また、気に入った洋服を60日間借りればそのまま購入できるシステムを導入しているショップも存在します。レンタルであれば、面倒な返却もコンビニから手軽に返却できるのもメリットのひとつです

第三者目線で自分に似合う洋服を探せる

骨格診断やパーソナルカラーは、自分に似合う洋服を探せるひとつの方法でもあります。ただ、新しいタイプの洋服にチャレンジするには勇気がある方、本当に自信を持って着られる洋服を見つけたい方にはレンタルがおすすめです。洋服レンタルでは、数多くのブランドを取り扱い何万点ものアイテムを取り扱っているでしょう。その中から、自分に似合う洋服を試してみるのもおすすめです。

まとめ

本記事では、自分に似合う服ってどのように見つけたら良いのかを紹介しました。なかなかお店へ行く時間がない方や仕事で私服が必要な方に洋服のレンタルショップがおすすめです。また、骨格やパーソナルカラーを知ると、洋服が選びやすくなり周囲からの印象も大きく変わります。本記事が、自分に似合う洋服を見つけたい方の参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

PICKUP TABLE

おすすめのファッション(服)サブスク比較表

イメージ
サービス名AnotherADdress(アナザーアドレス)airCloset(エアークローゼット)MECHAKARI(メチャカリ)EDIST.CLOSET(エディストクローゼット)UWear(ユーウェア)
特徴正規の取扱許可を受けた多くのブランドアイテムから自分で好きなものをセレクト可能ファッションタイプ診断をもとにした一人ひとりに寄り添うスタイリングを提供出荷完了から60日間レンタルし続けたアイテムをプレゼント細部へのこだわりを実現したオリジナルデザインの洋服スタイリストにコーデの着こなしを相談することが可能
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
【PR】ファッションに悩む人必見!洋服のサブスクはどんな人に向いている?